<ビアンコートDIYチャレンジ>【第8条】使用済みのモップは勿体ないけど捨ててしまいましょう。

二度塗りで思い出しましたが、よく起こる失敗の一つに「モップの再利用」があります

「ビアンコートかんたん施工セット」などを購入すると

手塗り用の道具として「ビアンコートB推奨モップ(ラグロン社製)」を手にすることになります。

また、ビアンコジャパン公式オンラインショップの施工動画にもありますが、

塗布する場所によってはスポンジ(百円ショップなどにある激落ちくんなど)を使ったりもします。

ビアンコートB塗布推奨モップ「ラグロン社製フックモップ」

ビアンコートB塗布推奨モップ「ラグロン社製フックモップ」

使用済みのモップはもったいないけど捨ててしまいましょう。

 

この推奨しているモップもそこそこのお値段なので使いまわしたいお気持ちはよくわかるのですが、

「使いまわし」だけは絶対に避けてください。

床に塗ったビアンコート溶液が自然に硬化していって硬度の高いガラスコートになるのと同様に、

溶液が付いてしまったモップの布(業界では糸といいます)も、自然に乾燥硬化していきます。

つまり時間が経つと「糸」もカッチカッチに固まるワケです。

 

カチンカチンに固まったモップで、

新たな床にビアンコートを塗布すると・・・「もれなく筋状のモップ痕」がついてしまいます(笑)

まあ、柔らかなモップの糸もガラスコーティングされて固まるので当然ですよね。

軽石でビアンコートを塗るようなものです。

 

広い場所などにビアンコートを塗布する際など、

時間をかけて作業をする場合や休憩時間をいれて作業を継続する場合は、

可能な限り着脱式の新しい替え布をセットしてから作業を再開しましょう。

時に「一度使ったモップは洗えば使えるの?」という質問もいただいたりします。

おそらく「使用後に水であらって乾かせば使えるんじゃないのか?勿体ない」

という意味のことだと思われますが、論外です。だって「水分」を嫌うビアンコートですから。

 

替え布くらいを勿体ないと思うのなら、ビアンコートはやめておいたほうが良いですよ。


●ビアンコートDIYチャレンジ」必見!「ビアンコートBを自分で塗るとき知っておきたい10のコト」

第1条 ガラスコートは、ワックスのように剥離・・・はできないことを念頭に
第2条 ビアンコートは、ワックスと同じように塗ればいい・・・ではありません。
第3条 ビアンコートは、水分厳禁!汗水たらして塗布する夏場の施工!
第4条 ビアンコート施工では、既存ワックスは事前にしっかり剥離しておきましょう。
第5条 新築時の補修部分はしっかり見ておきましょう。
第6条 室内気温5℃以下は避けましょう。
第7条 「二度漬け禁止」ならぬ「二度塗りは慎重に」の理由。
第8条 使用済みのモップはもったいないけど捨ててしまいましょう。
第9条 早く乾かしたい気持ちはわかる。でもエアコン・扇風機は使わないこと。
第10条 可能ならテスト施工がおススメ