<ビアンコートDIYチャレンジ>【第10条】可能ならテスト施工がおススメ

さて、ビアンコートDIYチャレンジ推進委員会では、

皆さんがご自分でビアンコート施工するにあたって、「失敗しないための10のポイント」をお伝えしてきました。

それにしても、夏場は汗を垂らすな、冬場はエアコン付けるな、って結構過酷なビアンコートB塗布施工ですね。

でも、自分で仕上げたフロアコーティングは

たとえ少しくらい失敗してても、愛着がわくもの。

業者任せにせず、自分で慎重にかつ安上がりに成功できるよう、心からお祈りしています。

【第10条】可能ならテスト施工がおススメ

余談ですが、いきなり自分で塗るといっても難易度が高いのは事実です。

なので、実際にトライする前に可能な限りテスト施工をすることをおススメします。

本格的な施工セットを購入する前におススメしたいのは「ビアンコートBパーフェクトセット」。

既に推奨アルコール(ブタノール)で希釈されているテストサイズのセットです。

艶の有無も選べますし、テスト面積(2~3畳用または8~10畳用)も選べます。

テストする場所ですが、実際に塗布する物件やフローリングの一部がベストです。

何故ならフローリングにも結構安価な素材から高価なものまでピンキリで、

実際の部材で試し塗りをするのが一番だからです。

可能であれば、クロークなどあまり普段目にすることのない床面などどうでしょうか?

あるいは、実際の床材と同じサンプル(メーカー・品番)を取り寄せて

試し塗りをするのでも良いかと思います(新築戸建ての場合、事前に業者に言えば端材がもらえることもありますよ)。

 

いずれにせよ、自分で学んだ塗り方でどんな仕上がりになるのか確かめておくと、

納得度の高い本番作業ができるのではないでしょうか?

 

 

ちなみに、『DIYチャレンジ会員』に登録していただければ、

テスト施工用の材料を格安にご購入いただくことが可能です。

この機会にぜひ!!

 

 


●ビアンコートDIYチャレンジ」必見!「ビアンコートBを自分で塗るとき知っておきたい10のコト」

第1条 ガラスコートは、ワックスのように剥離・・・はできないことを念頭に
第2条 ビアンコートは、ワックスと同じように塗ればいい・・・ではありません。
第3条 ビアンコートは、水分厳禁!汗水たらして塗布する夏場の施工!
第4条 ビアンコート施工では、既存ワックスは事前にしっかり剥離しておきましょう。
第5条 新築時の補修部分はしっかり見ておきましょう。
第6条 室内気温5℃以下は避けましょう。
第7条 「二度漬け禁止」ならぬ「二度塗りは慎重に」の理由。
第8条 使用済みのモップはもったいないけど捨ててしまいましょう。
第9条 早く乾かしたい気持ちはわかる。でもエアコン・扇風機は使わないこと。
第10条 可能ならテスト施工がおススメ